神戸のサーフショップ&スノーボードショップ「PLUS-S」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09夏の宮崎サーフキャンプ

毎年恒例のお盆休み『宮崎サーフキャンプ』に行ってきました。
今年は8月12日(水)?15日(土)3泊4日の日程で宮崎白浜にステイしてのサーフキャンプです。
ツンツン、マイコ、クデちゃん、カツモトくん、シンタクくん、サチ、メグっぺ、ヨッシー、アツコさんのメンバー9名で合流して車2台に乗り合わせて8月11日(火)夜神戸出発、四国経由で愛媛県八幡浜からフェリーで九州大分県経由で宮崎県日向入りしました。
12日(水)初日は日向市小倉が浜駐車場で三重県からヨシくん淡路のサツキ、キッズメンバーのショウタ&サクラ、神戸?福岡の実家経由で現地入りしたキムカツさんも合流。

波はコシぐらいです。昨年に引き続きお盆休みは波無いですね?。
しかし昨年と違うのは人が少ない事かな?
たしかに右端はロングボーダーだらけですが、駐車場も海も比較的空いていました。
明日から多くなるのかな?

ここ小倉が浜は小さくても乗りやすい波なのでとりあえず1ラウンド。
090812小倉が浜
思ったより楽しめて1ラウンド終了。

お昼はドライブイン金ヶ浜でランチ。
金が浜ドライブイン金が浜ドライブイン

やはり定番はチキン南蛮定食ですね。
金ヶ浜ドライブイン

と言いつつも俺が注文したのは、

日向鶏の鶏モモネギ塩鉄板焼
日向鶏の鶏モモネギ塩鉄板焼定食でした。
ネーミングからして美味しさが伝わるメニューですね。

お腹を満たしてから日向?宮崎市内に移動。
道中に宮崎空港へ。
ようこそ宮崎へ

飛行機で宮崎入りしたノブリンをピックアップ。
ノブリンピックアップ
この冬に東京に転勤になったノブリンとは久しぶりの対面。
俺がショッップで働きだした当時から、いろんな所にサーフィン&スノーボード共にした昔からの仲間です。
そのままキャンプ場に移動してテント&タープ、キッチンセットなど今回の旅のベースキャンプ設営。ここのオートキャンプ場の前は基本的には海水浴場ですが、他のポイントが波のサイズが上がればサーフィン出来ます。
アウトはローカルオンリーのリーフブレイクです。

ほとんどのキャンプグッズは車に積んで持って行きましたが、人数多いのでテント、テーブル、ディレクターチェアーなど足りないものはレンタル。

敷地内には、トイレ、コインシャワー、炊事場、売店、コインランドリーなどを完備していますのでキャンプに慣れていない人でも楽しめます。キャンプ生活も結構快適です。
宮崎サーフキャンプにはこの人って感じの、キャンプの達人クデちゃんが仕切ってくれるので心強いです。
キャンプ場設営キャンプ場設営キャンプ場設営キャンプ場設営
参加メンバーみんなで協力して設営。
キャンプ生活の快適さのポイントはテント&タープなどは始めにきっちり設営しておくことが大切です。
キッチンセットキッチンセット
キッチンセットあるので何でも料理出来ます。

夕方は木崎浜でサーフィン。ヒザ?モモのスクールコンディションでした。

スーパーに食材買い出しに行って晩ご飯の準備。
今日の献立はカレーライス、地鶏炭火焼、サラダです。
カレー調理中
サーフキャンプ初日晩のカレーライスは定番メニューです。

炊きたてのご飯
ライスクッカーあるので、ごはんも炊けます。

ダッチオーブン
ダッチオーブンでやさいを焼きました。

鶏のせせりが売っていたので、
大阪の鉄板焼き屋さん人気メニューの『せせりガーリックマヨネーズに』チャレンジ!
せせりガーリックマヨネーズ
本場の味は追いつきませんが、それ風な味?に仕上がりビールがすすみました。

楽しいひととき
美味しいものを食べるのもサーフキャンプの楽しい時間です。

13日(木)2日目朝5時前に起床。
2日目の朝日
初日の木崎浜が波小さかったので、日南方面に行く事に決定。
正直、波情報無いのでサーフィン出来る波あるかわかりませんが、市内に居ても波小さいのでドライブがてら出発。
道中波チェックしながら最終目的地のポイントへ到着。
県南ポイント
波はコシ?ハラぐらい。
人は思っていたより少なく、十分サーフィン出来る波です。
もう少し満ちた方がいい感じになりそうです。

早速着替えてサーフィン。

きれいな海
やはりここまで来ると海がきれいで景色もいいですね。

きれいな海きれいな海
こんなきれいな海&ロケーションでサーフィンすると心が癒されます。

潮が満ちてきだすとウネリもしっかりとして、1サイズ大きいセットも入りだしました。
右奥からのレギュラーは形の良いブレイク。

ローカルらしき人も少なく、周りはビジター風の人ばかり。

アウトのピークは途中タルくなりますが、そのセクションを上手くつなげれば、掘れてきてインサイドまでライドできる楽しい波。ただセットは少なかったです。

インサイドは掘れたポジションからテイクオフ?横に走って?ワンアクション出来る波で数乗れました。

ここの波はサイズの割には波の力があり、アウトからインサイドまでそれぞれのレベルに合わせて楽しめました。

ただし昨年同様クラゲの攻撃あって何名かは刺されました。
この時期は日焼け止め&くらげ除けのローションは必需品ですね。
これは効果がある!効果が無い!など賛否両論あるようですが、
個人的感想では塗っていた方が、刺されても後が残りにくい感じです。
この前も塗って入って刺されましたが、腫れ?後が残ってませんでした。
ただサーフィンする前に塗ってから10分以上たってから海に入って下さい。

お昼休憩は近くの食堂の人気メニューチキン南蛮定食!のつもりが・・・。
お店の人に聞くと、最近食堂は営業していないらしいです。
美味しい食堂だけに残念なことです。

仕方が無いので食事出来る所を探す事に。
途中景色の良いところで記念撮影。
記念撮影記念撮影
仲間との旅の思いでですね。

それから走っても走ってもそれらしきお店は見あたりません?
かろうじて営業してそうな食堂にはいるものの、昼からお休みとの事・・・。
もうみんなお腹ぺこぺこ状態。
しばらく走ると温泉&お食事何処を発見!まさに砂漠にオアシス状態です。

お腹を満たしてからは、少し疲れたので昼寝タイムZZZ。
夕波に合わせて波チェック。ブレイクしているのですが、潮引きすぎて後が続かないいまいちな感じ。
みんなは着替えて入りましたが、俺はショウタ&サクラをレッスン。
ショウタ&サクラショウタ&サクラ

ショウタ&サクラサクラテイクオフ!
後ろから押してあげるとタイミング良くテイクオフ!インサイドまでライドして楽しんでいました。

帰りに宮崎市内のサーフショップに挨拶。
ブラストサーフワールド
ブラストサーフワールドは宮崎ヘビーローカルの池田考一プロのお店です。

名物犬のコア
看板犬のコアにも挨拶。

記念撮影
最後に記念撮影。

地元の肉屋さんで宮崎地鶏&牛肉など食材を買い出し、夜はキャンプ場でバーベキュー。
バーベキュー
地元のお肉はおいしいです。

残ったご飯はおにぎりにして。
おにぎり

締めは、焼おにぎりです。
焼きおにぎり
焼き担当は俺です。

両面をこげめ付くぐらいに焼いて、はけで丹念に醤油を塗ります。
焼きおにぎり
カリカリの焼きおにぎりの完成です。


14日(金)3日目も5時起きで日南方面へ移動。
キャンプ場所の朝焼け
朝焼けがきれいですね。

日向夏
道中にこんなお土産物屋さんあります。

昨日のポイントに到着するとサイズダウンしてヒザ波。
潮引きすぎてかなり厳しい感じです。
一部メンバーは海に入りましたが、とりあえずゆっくりしながら潮が動き出すの待つ事に。

その合間にヨシくん達が港の中で磯遊び?
磯遊び

ヤドカリをとってました。
ヤドカリ
これをエサに魚釣りするらしいです。

魚釣り
地元の人も見た事が無い、得体の知らない?魚が数匹釣れました。

これは大仏様ではありません。
ノブリン大仏
ノブリンです!昨日バーベキュー&飲み過ぎて疲れているのでしょうか?

ノブリン大仏と記念撮影会
なぜかノブリン大仏様と記念撮影会。

それぞれのんびりとした時間を過ごしました。

昼過ぎにはキムカツさんが福岡の実家に帰るので先に出発。
キムカツさんは8月末から仕事の都合で韓国に転勤になります。
2年前夏に初めてショップに来て?四国の海でメンバーと知り合いになり、宮崎の海での別れ・・・。
なれない土地での生活&仕事は大変だと思いますが、頑張って下さい。
次会うのは数年後になりますが、日本に戻ってきたらみんなでサーフィンしましょう!

波の状況はかわらないですが、とにかく暑くなってきたので海に入る事に。
波待ち波無い状態
こんな感じにインサイド立ち乗り状態です。

潮満ちてきて何本かは横に走れる波ありましたが、あまり状況変わらないまま本日終了。

まあここだけでなく全国的に波無い状況なので仕方が無いです。

キャンプ場まで戻るとそこそこ遅くなり、3日間の疲れを癒すため?青島のホテルの温泉に直行。
それから近くのお食事処で晩ご飯。
地元の幸を堪能
何定食かは忘れましたが、豪華な内容です。地元の幸を堪能しました。
旅先で美味しいもの食べるのも楽しみですね。

15日(土)最終日
昼から天気崩れる予報だったので、朝サーフィン行く前にキャンプ場の後片付けしました。
後片付け
毎回の事ですがテント&タープなどは、きれいにたたまないと袋に収まりません。
きちんと収納しないと次のキャンプの時に困ります。
食器・調理器具など洗い物は、
海を愛するサーファーから生まれた洗剤キョラシャンプーです。
キャラシャンプー
これでウエットスーツも洗っています。
洗い方はこちらから。

売り上げの一部は環境保護団体サーフライダー・ファンデーション・ジャパン(SFJ)を通じ海の環境を守るために使用しています。

サーフキャンプはリピーターも多く、みんなサーフキャンプに慣れてきたので、言わずともそれぞれ役割分担しながら後片付け終了しました。

昼前の木崎浜はヒザ?モモぐらい。
最終日の木崎浜
宮崎市内での最終ラウンドです。

地元でも有名なおいしいうどん屋さんで昼食して、
きっちょううどん
宮崎空港へ。
ここで東京に帰るノブリンとお別れです。
またみんなでサーフィン&スノーボード行きたいですね。

市内を後にしてフェリー乗り場の大分方面へ移動。
日向の小倉が浜チェックするつもりでしたが、金ヶ浜でサーフィン。
波はヒザ?モモでしたが、みんなでサーフキャンプの最後を楽しみました。

サーフィン&美味しいもの&良い仲間が揃っているサーフキャンプは、
子供から大人までみんなが楽しめます。

お疲れ様でした!
お疲れ様でした!

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。